スタッフ紹介


ケン ・アーバー 代表取締役社長

Arbour (425x640)

皆さん、こんにちは。センチュリー21スカイリアルティ代表取締役社長のケン・アーバーです。これから東京で最高のプロフェッショナル集団をご紹介しましょう。それは当社のスタッフです! それは身内びいきだと? ええ、そうかもしれません。でも、もし当社とおつきあいいただく機会があれば、お客様もきっと同じように感じるのではないかと信じています。その前にちょっと私自身の自己紹介です。
私はカナダ出身です。モントリオールのマックギル大学でアジア史を専攻、バンクーバーのブリティッシュ・コロンビア大学で都市計画の修士号を取得した後、カナダの営林業界に就職しました。そして、1982年に日本にやってきました。
1985年、2人の友人とセンチュリー21スカイリアルティを設立しました。私の名前のイニシャルがK、その2人がSとYだったので、SKY Realtyと名づけました。
その後、1人の女性が入社してきました。私の妻、紀子です。1989年に2人の友人は経営から手を引き、私たち夫婦が会社を受け継ぎました。経営を軌道に乗せるため、夫婦で必死に働きました。その間、3人の娘たちにも恵まれました。

加賀美 紀子 取締役営業部長

image

加賀美紀子(ノリコ)は武蔵野美術大学を卒業後、ファッションデザイナーとして活躍した後、不動産業界に転職しました。私にとってはビジネスパートナーであり、妻であり、娘たちのよき母でもあります。
ノリコはセンチュリー21の個人センチュリオンを17回も受賞しています(これは日本における最高記録です)。また、東京の不動産業界に広く太い人脈を持っており、業界で一目置かれる存在です。
高校時代は水泳選手で、フリースタイルの山梨県高校記録を長く保持していました。現在も毎日、2キロほど泳いでいます。料理することと身体を動かすことが大好きな女性です。

武田 正徳 シニアパートナー・宅地建物取引主任者

image

マサこと武田正徳は米国フロリダのパームビーチ・アトランティック大学の理系学部を卒業し、パームビーチの大手オートディーラーで営業部長を務めた後、当社に入社しました。
現在はオフィス賃貸業務と商業施設や高級住宅販売を専門に担当しています。700億円もする東京のオフィスビル売買契約を取りまとめた実績を持ち、まさにセンチュリー21スカイリアルティの要とも言える存在です。

中川 清光 営業課長・宅地建物取引主任者

image

中川清光(キヨミツ)は大阪ビジネスカレッジ専門学校を卒業後、一年間オーストラリアに滞在。清光は人柄の良さでお客様から絶大な人気を誇る営業マンです。居住用賃貸物件担当として、非常に堅実な仕事ぶりを見せてくれます。誰にでも好かれる人柄のおかげで、実に幅広い人脈ネットワークを持っており、他の不動産会社や市場に出回っている物件について本当によく知っています。
私自身はジャイアンツ・ファンなのに、なぜタイガーズ・ファンを雇ってしまったのか自分で理解に苦しみます(頑張れ、ジャイアンツ!)

〒106-0044 東京都港区東麻布1ー3ー8 八束ビル1階 センチュリー21スカイリアルティ株式会社

03 3585.0021 | k.arbour@century21.ne.jp

個人情報保護方針